副業をする時間について

副業をする時間について初心者は失敗しやすいとされています。
なぜかというと、机上の空論で話を進めてしまうからです。

あなたが副業をこれから始めるとして、あなたが1日に使える時間を計算してみましょう。
例えば仕事が18時に終わって寝る時間が25時だとすれば7時間の時間があるわけです。
だから5時間を副業にあてる事が出来る。時給が1000円で1日5時間、平日5日働けば月に2、5万円。

土日は週末だけ働けるアルバイトを1日8時間で働こう。
それなら8000円×2日間×4週で6.4万円だから合計すると副業で月9万円近く稼げる計算になる。
学生時代だって学校に行って部活をしてアルバイトをしていたんだから可能だろうなんて思っていたら間違いです。

学生時代は疲れていたら学校をサボったり、授業中に眠っていたりと身体を休める事が可能でしたし、
そもそも若いから体力もあり、徹夜も平気だったのかもしれませんが、体力は若い頃のようにはいきません。

そうゆうスケジュールで副業をすればすぐに過労で倒れてしまうでしょう。
副業に当てれる時間は平日なら一日3時間ぐらいで、週に2~3日で副業している人が一番多いというデータがあります。
借金返済のため1ヶ月だけという短期間であれば無理なスケジュールを何とか乗り切るという方法でもいいのかもしれませんが、
副業は長く続けられる方が貯金額は増えるはずですから、長期戦のつもりで無理なく続けられるスケジュールで
時間配分を考えて下さいね。無理は禁物です。

確定申告は難しい

確定申告は難しそうというイメージがありますよね。自分ではよく分からないからと税理士に依頼している人もいるかも
しれませんが、依頼すると結構な金額がかかりますし、そもそも会社を経営しているのなら確定申告の処理も複雑となり
自分でするのは難しくなるかもしれませんが、副業で稼いでいるぐらいであれば確定申告も難しくありません。

そもそも今は確定申告を提出しにいく必要もなく、家にいながら確定申告は出来てしまうのです。
国税庁のサイトに?ーtaxと呼ばれるシステムが用意されていて、そのシステムに従って入力をしていくだけで
税金の計算なども自動的にシステムが計算処理してくれるのです。
そして最後に入力しおわったものをプリンアウトし郵送で提出するだけですから、きちんと年間でいくら稼いだのか?
そして副業でどんな経費を使ったかなどお金の動きだけキチンと帳簿についておけば

確定申告をする事はそれほど難しい事ではありません。
サラリーマンの中には副業分もまとまて会社が確定申告をしてくれるんじゃ・・・・と思う人もいるかもしれませんが、
本業分は会社に任せるとして、副業分は自分てキチンと確定申告を行う必要があるので注意しましょう。
書店へいけば確定申告の書籍がたくさん出版されていますが、書籍を購入して読まなくても
?ーtaxの入力欄を埋めていくだけで確定申告は出来るので、そのシステムが出来るまでは
確定申告の手続きは書類をたくさん提出するなど難しかったかもしれませんが、今は
簡潔化が進んでいるのです。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.